むささび通信

渋谷の今と昔

面白い写真集を見つけた。
「渋谷の記憶」ー写真で見る今と昔ー
渋谷区教育委員会発行

渋谷区のあちこちの風景を
見開きで左側は現在、右側に大正、昭和初期、戦後などの昔の
写真で紹介している。
現在はカラー、昔のものは白黒で粒子が荒いなどの違いは
しかたないにしても、とても同じ場所とは思えないほどの変わりよう。

明治時代、渋谷は東京市の郊外だったらしく、
たくさんの牧場があった(大正時代は広尾・恵比寿付近で10カ所以上!)
とか、猿楽町付近には茶畑が作られたとか、驚くことも多い。
表参道など今では明治神宮に続いているのを忘れてしまいそうだが、
昭和40年頃はその参道がゆるやかな傾斜で上まで見渡せ
まさに「参道」にふさわしい。

そしてなんといっても渋谷駅の上を通っていた
昭和26年から1年しか運行しなかった幻の空中ケーブルカー
「ひばり号」がいい。
子供しか乗れなかったそうだが、ようやく戦後復興のきざしがみえはじめた
渋谷駅近辺を高見から見下ろす感覚は
今のタワーマンションから見るよりもずっと興奮し、
わくわくし、夢ごこちだったことだろう。

そして昔の写真に共通していることは空が広いこと。
どこまでも地続きでつながっている感じ。

50年後の渋谷、また空が広くなっていればいいけれど。






e0134219_222747.jpg
[PR]
# by musasabi-sapana | 2008-02-19 22:35 | その他もろもろ | Comments(2)

寒かったけど、東京散歩。

渋谷で草間弥生のドキュメンタリー「わたし大好き」を観に行く。
これは予想していた以上の面白さだった。
あふれる創造力とエネルギーは尋常ではない。
少女時代からの妄想、鬱など現在でも精神的に苦しんでるとはいえ、
彼女の口から出ることばは普通の人よりも
ずっと「純粋無垢」で「繊細」だ。
自作の詩の「さくら」の朗読シーンではおもわず涙しそうになってしまった。
そしてなによりキュートでチャーミング!

そのあと、前から散策したかった根岸へ。
う〜む、しかしなにも下調べもせずに行ってしまい、
地図もなく、そこいらをうろうろ歩く。
狭い路地に入るのだが、雰囲気のある家並はすぐに途切れてしまい、
大通りに出てしまう。
有名な「鍵屋」など行きたい店も日曜日はあいにく休み。
たぶん日暮里側の方が面白いんだな。
この辺は次回にして、三ノ輪まで歩いて都電に乗る事にする。
荒川都電は乗ったことはあるけれど、途中の王子から早稲田方面しかない。

そして三ノ輪も今回初めてきた街。
駅前に広がるアーケード、ジョイフル三ノ輪。
肉、魚、八百屋、パン屋、焼き鳥屋、履物、洋品店などなど
140店舗ほどあるらしい。
昔なつかしの雰囲気がぷんぷんするぞ。
ここいらは三河島(コリアンタウンがある)も近いせいか、肉屋では
ホルモン系もかなり売っている。
肉屋でチャンジャを買い、創業70年以上のみそ屋さんで赤出し味噌、
お惣菜屋でハムカツを購入。

夕暮れ時、ようやく来た都電に乗る。
ずいぶん乗客が多いのに驚く。
買い物帰りの家族連れ、おじいさん、おばあさんなど
数駅の間をちょいと利用していくようだ。
私は巣鴨近くまで乗ったのでかなり長い方。
降りてから巣鴨の地蔵通り商店街へ。
昼間はおばあさんだらけの商店街も6時も過ぎるとほとんど
人通りがない。
開いている店もそろそろ店じまいの様子。
洋品店の軒先に何十着と下がっている真っ赤なTシャツやズボンなど
(たぶん元気がでるし縁起がいいってことで)
がそこだけ妙に赤々と目立っている。

昼間はもうもうと煙をあげているとげ抜き地蔵の
「おたきだし」もすっかり火を消されてしまい、さみしいこと。
ふぅ、寒さが身にしみる。
洗い観音様も寒そうだが、一応水をかけてタオルでふいてあげよう。

帰りはまたもや、新大久保へ。
1週間の間に2度もカムジャタンを食べてしまった。
だって寒すぎるんだもの。

渋谷ー根岸ー三ノ輪ー新大久保
不思議な一日。




e0134219_2038686.jpge0134219_20383135.jpge0134219_20384961.jpg
[PR]
# by musasabi-sapana | 2008-02-18 20:39 | 旅行・町歩き | Comments(0)

ハウステンボスカフェ

29日(金)までトラベルカフェ川崎ラゾーナ店でハウステンボスカフェをやっています。
カフェでまるごとハウステンボスを知ってもらおうという企画です。
イメージイラスト、トラベルカフェ通信(取材、文、デザイン)を手がけました。
来月ハウステンボスも行ってまいります〜。
e0134219_1952030.jpge0134219_19543119.jpge0134219_19545519.jpg
[PR]
# by musasabi-sapana | 2008-02-17 01:10 | 仕事・モノづくり | Comments(0)

あったまる!

世の中はバレンタインなのに、こちとら食べてるのはカムジャタン。
(豚の背骨とスープににじゃがいもやねぎを煮込んだ鍋)
ロマンチックにはほど遠いけど、寒い冬にはこれがいい!
時々むしょうに食べたくなるものの一つ。
隣の海鮮チヂミも分厚くパンケーキのようでなかなか美味。
ああ、やっぱり新大久保はいいなあ。e0134219_1659369.jpg
[PR]
# by musasabi-sapana | 2008-02-15 17:00 | 食べ物 | Comments(0)

食品偽装は昔から

八代目坂東三津五郎の「食い放題」という本を読んだ。
三津五郎といえば30年程前にふぐ中毒で死んでしまったことでも有名なほど
食いしん坊だった。
食に対するこだわりは旬の素材から調理法、器、店の評価までかなり厳しい。
料理というものがいかに文化であり生活を豊かにするかを説いている。

「ものを食べることは人間の最大の楽しみなのだ。
それをインスタントでやるくらいなら一日食べなくてもいい、
不親切な料理を食べるくらいなら、おむすびの方がよっぽど気がきいている」

当時と違い昨今、おむすびですらコンビニにいけばいつでも手に入るので
今はこの言葉はなりたたないけれど。

しかし笑ってしまったのが30年前でもいかに食品偽装(?)が多かったかが
わかったこと。
牛肉といえばどこにいっても松坂牛があり、いったい松坂にどれほど大きい牧場
があるのか、松坂から1日千頭づつ出荷しても
間に合わないだろうと書かれている。
たしかに私が魚屋での表示を見ても「天然」の文字がやたらに多い。
天然ぶりがこんなに安いわけないじゃん!とひとりつぶやいてしまうのだが、
嘘とわかっていてもそれはなんとなく世の中の暗黙の了解だと思っていた。
ところが最近の食品偽装バッシングはすさまじい。
え?みんな全部信じてたの?って感じ。
産地、成分、賞味期限、多かれ少なかれやってるよなーって思ってたけど。

中国輸入食品だってそう。
いくら大量に生産してるとはいえ、あんなに安く作られるのはわけがあるに
決まってるのに。
子供のころから嘘をついてはいけませんって教えられたからなのか、
大手企業がやってること、お上がやることは安心、
書かれていることは全部正しいって信じてしまうのはこわい。
だってそう子供に教えてきた大人が嘘ついてるんだから。

それにしても今のこの状況、三津五郎をはじめ池波正太郎など
食べることが大好きだった方々はあの世からどう眺めてるんだろうな・・・。

<昨晩の夕食>
・鳥のからあげ、ネギソース
・水菜と切り干し大根のサラダ
・ネギとごぼうのみそ汁
・うどのきんぴら、実山椒あえ








e0134219_1512191.jpge0134219_15122134.jpg
[PR]
# by musasabi-sapana | 2008-02-14 15:15 | 食べ物 | Comments(0)



日々の日記&あれこれ ホームページはhttp://sapana.jp/
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
今見て、号泣です。。。。..
by musasabi-sapana at 12:53
また猫と暮らしたい。 ..
by はな at 13:27
はなさん、ありがとう。白..
by musasabi-sapana at 15:53
チルチルが文太と同じ病気..
by はな at 20:13
恵比寿で昨日(火葬人)を..
by PineWood at 03:37
はなさん なんと最近、..
by musasabi-sapana at 16:17
チルチル、可愛すぎる。 ..
by はな at 10:38
はなさん ありがとうご..
by musasabi-sapana at 22:11
シモマンさん トラちゃ..
by はな at 17:59
はなさん、おつかれさまで..
by musasabi-sapana at 13:05
メモ帳
最新のトラックバック
出会い,恋愛,結婚に効く名言
from 出会い,恋愛,結婚に効く名言
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧