むささび通信

さよならチルチル

8月23日(日)朝、暑かった夏の終わりを待っていたかのように
チルチルは天国へ旅立った。
まだ1歳3ヶ月、短すぎる一生だった。
うちにきた昨年8月当時(推定3ヶ月)はまだ預かり状態だったが、
11月に先住猫とらちゃんが逝ってしまい、
年末に引き取りを決心した。
白血病キャリアで将来発症するリスク、
あまり長生きはできないだろうことは承知の上で。
e0134219_20554643.jpg


ケージで世話をしていたチルチルを部屋に解放してからは
(とらちゃんがいる間は白血病が移る可能性があるので隔離していた)
どんどん私に慣れ、冬はふとんで一緒に寝るまでに。
おもちゃで遊ぶのが何より好き(遊んでほしくて呼びにくるほど)
でもビビリだけは直らず、インターホンの音だけで
押し入れに直行(ピンポンダッシュとよんでいた)、
知らない人が苦手で隠れてしまうシャイなおぼっちゃまに育ってしまった。
これじゃいかんと冬には札幌に行ってる間、
同じマンションのご夫婦に預ける外修行経験(?)も。
旦那さんにはお腹を見せてくれるようになったそう。
e0134219_20543323.jpg

e0134219_2055320.jpg

e0134219_20552533.jpg


その後体調を崩すことは全くなく、
春先、一時食欲が落ちたけれど、体重も4kg近くまで増え、
もしかして白血病は陰転したのでは?とひそかに期待もしていた。

6月の終わり、再び札幌に2週間滞在するため、
今回はチルチルの保護主のボランティアYさんに預けた。
その間、兄弟猫たちと元気に過ごしていた。
7月中旬、札幌から戻りその晩に引き取りをする予定でいたところ、
Yさんより「少し呼吸がおかしい」との連絡をもらい
一緒に夜間救急で病院へ。
昨年からすでに兄弟の2匹が発症して亡くなっているのだ。
キャリーバッグの中でチルチルは口呼吸になり苦しそうだった。

診察の結果、予想通りの胸腺型リンパ腫。
胸には胸水が260mlもたまっていた。
余命は1ヶ月~1ヶ月半。
抗ガン剤など使って延命させるつもりはなく、
ステロイド、抗生剤の投薬で様子を見て、
少し苦しそうな様子になったら胸水を抜きに通院することにした。
なんとか苦しませないよう最期まで世話をしようと決心したものの、
その晩は悲しくて寝付けなかった。

その後は呼吸はかなり早い感じだったが
薬のおかげで思ったより容態が安定し、
2週間に一度、その後2週間後の8月15日にもう一度胸水を抜いたが
いずれも最初ほどはたまっていない。
それでもエコーでは腫瘍が大きくなっていることはあきらかで
いつ何がおきてもおかしくないと
爆弾を抱えているような状態だった。
ただ、様子はこれまでとそれほど変わらず、
ごはんも普通通り、相変わらず紙を丸めたおもちゃを転がして遊んだり、
走ったり(その後決まってお腹が早く上下していて心配だった)
窓辺や押し入れで昼寝をしていた。
毎日猛烈な暑さのため、エアコンはほぼ24時間つけっぱなし。

15日に胸水を抜いた5日後、少し苦しそうだったので再び通院。
間隔が5日と短くなっていた。
胸のリンパ腫も5cmくらいにもなっており、
(心臓より大きい)肺を圧迫、
空いているスペースに胸水がたまっていく。。。という
悪循環だった。
医者にはこれ以上できることはなく、とにかく苦しさを和らげるには
胸水を抜いていくしかない、この病気は最終的に苦しむので安楽死も選択のひとつだと言われた。

家に帰ってからもこれまでは胸水を抜くと少し楽そうだったのに、
時折、頭までカクカク揺れるような呼吸をしている。
知人に教えてもらった酸素室の機械をレンタル、ケージにビニール囲いをして
和室に設置した。
ただ機械を付けていない時には入っても、
作動させると音が大きいのと扉を閉められるので
いやがって出たがってしまう。
最期の段階で必要になるのかも、と予感。

21日の夜はまだ元気で玄関の土間に遊んでほしいポーズで
ひっくり返ったりしていた。
夜中は私のふとんの脇で普通に寝ていた。

22日の朝。
ケージの下段でぐったりし始め、ふせたままでいる。
荒かった呼吸がさらにひどくなった。
外出先からもどった15時くらいも同じ姿勢でいたため
リビングに酸素室を移動、そこにチルチルを入れた。

外にいるよりは多少楽かと思ったが、
それでも口を開けたままの呼吸が続き、
ケージ内でもポーズを何度も変えている。
途中出たがるので出してあげるとあちこちをうろうろしては
うずくまったり、
しまいに苦しがって叫ぶので酸素ケージに移動の繰り返し。
胸水を抜いても抜いてもたまり、
その間苦しくても呼吸ができる間は生きてしまうのだ。
いったいこの状態はどこまで続くのだろう。
夜中もずっと同じ状態が続く。
さすってあげたりしてもおそらく効果はない。
薄明かりの中、時々目を閉じてふっと呼吸が楽そうになっている姿を見て
何度も、あぁ、このまま逝ってくれたらチルチル楽になるのにと思い、
もう頑張らなくていいよ、と泣いた。
それでもチルチルは生きている。

朝5時過ぎ、空が明るくなってきたころ、
今まで頭をよぎらなかった「安楽死」がうかんだ。
それほど見ているのが辛かった。
6時半過ぎに札幌の相方に電話をして話し、
その後ボランティアYさんに連絡し、一緒に病院へ。
弱々しくなっているチルチルをバッグに入れ、
すっかり太陽が上ったまぶしい中、自転車で走った。
なんでこんなに朝の気持ちいい時間に
安楽死をさせるために走っているんだろう。
チルチルはバッグの中でネットごしに苦しそうに呼吸をしながら
私を見上げている。

時間外でいつものお医者さんではなかったものの、
事情を説明して処置をほどこしてもらうために同意書にサイン。
おそらく医者としては胸水を抜くなどの治療をしたかったんだろうが、
これ以上苦しませるのだけはもういやだ、その一心で
安楽死をお願いした。

薬を投与するための針を入れる作業で、一旦診察室を出された。
数分後呼ばれ、診察室に入ると診察台にはすでに息絶えたチルチルがいた。
針を静脈に入れている最中に呼吸が止まってしまったという。
もう目に光はなく、黒い瞳が沈んでみえた。
Yさんと2人でぽろぽろ涙を流して泣いた。

本来ならば安楽死は飼い主の見守る中、ゆっくりと薬を入れるので
1~2時間かかるという。
苦しみを和らげて眠るように飼い主とお別れをするものだそうだけど
あっけなくいってしまった。
ただ、それを見守るのもおそらくものすごく辛い時間なので
チルチルなりに私たちに見せたくなくて
自分で決心したのかな、とも思う。
また、結果的には安楽死ではなかったわけで
私が手を下したと思わせないようにしたのかな。

生まれたのは中野ブロードウェイ近くの猫の多頭崩壊エリア。
猛暑でずぶぬれになり、ふらふらになって
助けを求めてYさんの手に飛び込んできたそうだ。
短い間だったけど、うちで楽しい猫生を送れただろうか。
次は丈夫で健康に生まれてくるのだよ。
e0134219_2057994.jpg

e0134219_20583486.jpg

チルチルが亡くなった日。
友達の娘のAちゃん(15歳)が泊りにきてくれて
翌日の火葬まで付き合ってくれた。
夜、帰った彼女から送られてきたチルチルの絵。
おとぼけ表情が似ていてちょっと笑った。
e0134219_20573979.jpg

[PR]
# by musasabi-sapana | 2015-08-26 20:59 | Comments(6)

お粗末すぎて。。。

まぁ、議院はどいつもこいつもひどいのが多いけれど、
最近のトップはこれだろう。

安保法制に反対する学生デモに対して利己主義と言ったのも
もちろんひどいが、一番唖然としたのは3年ほど前にブログで
「日本国憲法によって破壊された日本人的価値観」として
日本の学校でいじめ問題がなくならないのは「武士道精神」「日本精神」
がなくなったからであり、その日本精神が失われたのは
欧米の思想の「日本国憲法」のせいだと書いていたことだ。

彼によると「国民主権・基本的人権の尊重・平和主義」この3つが
諸悪の根源であり、特に基本的人権の尊重が一番の主犯だそうだ。
国家>地域>家族>個人の順で尊重されるべきものであり、
国家や地域を守るためには「生存権」ですら制限されるのが常識だった
「滅私奉公」の概念が破壊されたことによって身勝手な個人主義が
はびこるようになったそうな・・・・。
ってお前はいつの時代の人間だよ?
戦時中の軍隊での陰湿ないじめの記述とか読んだこともないのか???

まぁ、とにかく「日本的精神」だの「勤勉」「正直」
「誠実」「勇気」「謙虚」「滅私奉公」とか
つらつら書いておきながら
最後は未公開株の持ちかけ、集金トラブルで辞職って
あまりにお粗末すぎて開いた口がふさがらないのだ。

e0134219_1602545.jpg

[PR]
# by musasabi-sapana | 2015-08-20 16:37 | Comments(0)

北海道滞在2015夏(利尻島)

世の中があれよあれよという間にまずい方向へいき、
この夏が岐路とも言われているけれど、
しばし忘れて北海道の写真を。

今回は利尻島への旅がメイン。
それも旭川から宗谷本線、鈍行列車で。
朝6時の電車でおよそ6時間半の長旅。
e0134219_16251697.jpg

e0134219_1629111.jpg

e0134219_16292775.jpg

e0134219_16294569.jpg

朝の時間帯は高校生が乗ってくるが、
数駅で降りてしまうとあとはリタイアしたご夫婦らしき人、
鉄道好きな人がちらほらいるばかり。
デーゼルの機械音、ガタンゴトンという音しか聞こえない。
牧草地帯を抜け、山を超えひたすらのんびり走る。
何十もある駅のうち、ほとんどが無人駅。
外は曇りか時折降る雨でかすんでいる。

夕方のフェリーで着いた利尻島も曇り。
利尻富士(利尻山)は雲に隠れ全く見えない。
e0134219_1646995.jpg

翌日も曇りで山らしきものが見えたのはこの1度きり。
登るのを翌日まで伸ばす。

登山当日。
前日は雨模様だった山はこの日は晴れ。
8合目を過ぎると山頂が見えてきた。
e0134219_16492035.jpg

ただ、晴れているのは山頂付近のみで眼前は雲海。
e0134219_16511833.jpg

地上にいる人には見えていないのだ。

e0134219_16534053.jpg

e0134219_173871.jpg

e0134219_1732279.jpg

e0134219_1733450.jpg

山の上は短い夏を謳歌するように可憐な花が咲いている。
[PR]
# by musasabi-sapana | 2015-07-28 16:51 | Comments(0)

昔はましだった

e0134219_22525247.jpg

安倍首相と橋下大阪市長が3時間にもおよぶ会談をしたらしい。
まぁ、二人とも中身はおんなじようなものだから
さぞかし話もはずんだろう。
橋下はあんなに大阪都構想の住民投票の際には
きっぱり政界は引退するとかいいながら
(どうせみんなすぐ忘れてしまうし)
たぶん数年以内にぜったいまた出てくるにきまっている。

でもこういう人たちが出てくるというのは
やはり世の中にああいう輩をのぞむ意見も多いってことだ。

昔から自民党はまったく!と怒ってきたが、
今思うと橋龍(橋本龍太郎)も竹下も宮澤も
ずいぶんましだったんだなぁと思う。

e0134219_2253677.jpg

今回の安保法制反対声明にこの人が出てきたのにも驚いた!
[PR]
# by musasabi-sapana | 2015-06-16 22:51 | Comments(0)

叔母のはなし

先週、埼玉に住んでいた叔母が亡くなった。
87歳、今や女性の平均寿命の年である。
ただ、本人は90歳まで生きる気満々だったので(9月で88歳)
少し早かったともいえる。
姪の私が言うのもなんだが、かなり偏屈というか変わった人だった。
友達との交流もなく、母親(祖母)と二人で暮らし、
祖母の死後は4年前に腰の圧迫骨折で2ヶ月の入院はしたものの、
その後介護保険の認定を受け、
週2回程度のヘルパーさんの助けを借りて1人一軒家で生活をしていた。

年末、体調の不良を訴えて入院、
少し回復してからも家での一人暮らしは厳しいので
病院の経営する施設に入所していた。
施設内にあるデイサービスを受けるのをいやがり、
施設の人から「『こんなばかみたいな人達と幼稚園みたいなことしたくない!』と
みんなの前でおっしゃったりするんですよ・・・」
と電話がかかってきたりして、そのたびに毎度職員の人には
謝るしかできなかった。
「編み物お好きなんですよね?こちらでもできますよ」とすすめても
頑として「ここはそういうことをする場所じゃない」と
断っていたらしい。
叔母としてはあくまで施設は一時的な場所、いずれ家に帰る気でいた。

ただ、確実に身体は弱っていき、先週訪ねた際には
自力呼吸もまったくできない状態になっていた。
それでも頭ははっきりとして病院の支払いを気にしたり、
「これが命綱」とナースコールを握りしめ、
「夜中が一番不安」と話していた。

思わぬ力強さで握手をしてかわした言葉、
「また来るね」「うん、また来てね」
これが最後だった。
翌日、早朝病院から連絡が来た。

病院、施設の荷物引き取り、葬儀の手配、
役所での諸々の手続き・・・、やることはたくさんだ。
思わず役所の人に「人間生きるのも大変だけど、
死んでも大変なんですね・・・」とこぼしてしまった。

叔母が帰りたかった家。
こう書くとなんだか素敵なところを想像してしまうが、
実際は部屋中にあふれかえった荷物の山なのだ。
その中に、いつ動けなくなってもいいように、と用意していた
新品の掃除機、炊飯器、ラジオ。
そして好きだった洋裁を再開しようと一昨年あたりに買ったミシン。
一度も使われることがなかった。

本人もまさかこんなに早く逝くつもりはなかったんじゃないだろうか。
あまりに変人だったので、いつもどんなことを考えていたのかとか
わからないし、叔母の人生について、自分でどう思っていたのかもわからない。

家の前に住んでいる女性に亡くなる前日にお会いし、
(これまでも訪ねた際には挨拶をしていたのだけど)
そろそろ危ないかもしれないと伝えた。
翌日、亡くなったことを伝えると絶句し、
「これからお見舞いに行くつもりだったのに」とお花をくださり、涙ぐんでしまった。
「すごく、明るくて楽しい方でした」
え?明るくて楽しい!?

その後、施設で担当してくださったケアマネージャーの方に
挨拶に伺うとやはり涙ぐんで
「こんなに早く。。。いつもベッドに横に座っていろんなお話を
したんですよ。病院に入っても私が行くとすごく喜んで、帰る時は必ずまた来てねって」

前回担当だったケアマネージャーの方も家を訪ねてくれた。
治ったら、一緒に長瀞の天然かき氷を食べにいく約束を
していたらしい。

孤独が好きで人との関わりがきらいだと思っていた叔母は
晩年、意外に人付き合いをしていたようだ。
数ヶ月に1度程度訪ねる姪なんかよりよほど親しくなっていたんだろう。

葬儀をすませ、家族で長瀞まで車を走らせた。
叔母が食べたがっていたかき氷。
頭にキーンとくるようなところがまったくなく、
優しい口さわりだった。
少しは供養になったかな。
e0134219_1719655.jpg

[PR]
# by musasabi-sapana | 2015-06-03 17:24 | Comments(0)



日々の日記&あれこれ ホームページはhttp://sapana.jp/
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
今見て、号泣です。。。。..
by musasabi-sapana at 12:53
また猫と暮らしたい。 ..
by はな at 13:27
はなさん、ありがとう。白..
by musasabi-sapana at 15:53
チルチルが文太と同じ病気..
by はな at 20:13
恵比寿で昨日(火葬人)を..
by PineWood at 03:37
はなさん なんと最近、..
by musasabi-sapana at 16:17
チルチル、可愛すぎる。 ..
by はな at 10:38
はなさん ありがとうご..
by musasabi-sapana at 22:11
シモマンさん トラちゃ..
by はな at 17:59
はなさん、おつかれさまで..
by musasabi-sapana at 13:05
メモ帳
最新のトラックバック
出会い,恋愛,結婚に効く名言
from 出会い,恋愛,結婚に効く名言
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧