むささび通信

映画/火葬人

チェコセンターで毎月行われているチェコ映画鑑賞会。
友達に誘われて、チェコ映画の最高傑作と言われ1968年製作だったのに
1990年まで公開がお蔵入りになっていたという「火葬人」を観てきた。
e0134219_1474953.jpg

火葬場の職員の男が徐々に残虐な殺人を犯していく、という話なんだけど
いかんせんチェコ語な上に字幕も英語。
ナチス、社会主義、ファシズムなど重くむずかしいテーマなのもあって
5分の1くらいしか理解できなかった・・・。
途中ダライ・ラマとかチベットがでてきたりして、
「チベット仏教とナチスにとりつかれ殺人鬼になる男の話?」と思うほど。
それでも主人公の印象的な姿、モノクロでスタイリッシュな映像、美しい音楽、
と充分楽しめた。
e0134219_14182843.jpg

そしてチェコセンターがかっこいい!
シンプルでモダンな内装、いかにもチェコらしい
シュールレアリズムの絵のかかった壁、
この空間で映画を観られるなんてかなり贅沢。(おまけに無料!)
[PR]
by musasabi-sapana | 2010-03-19 14:21 | 映画・本・美術
<< 米澤よう子個展 もうすぐ咲くよ >>



日々の日記&あれこれ ホームページはhttp://sapana.jp/
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30