むささび通信

30km走

過去2回のフルマラソンの練習でやらなかったこと、
それは30km走。
どちらも時間がなかったり風邪をひいたりでできなくて
最長で23kmくらい。
だけど、今回は走らねば、と決めていた。
にしてもよりにもよって最高気温4度、雪まじりの小雨の中を
走ることになるとは。

前回の20km走でのエネルギー切れに懲りて
昨日は朝から山盛りのごはん、野菜、ヨーグルト、果物を
とり準備は万端。

11時過ぎにスタート。
天気がよければ新しいルートを開拓したり、
玉川上水でもよかったけれど、雪が降っているので
いつもの神田川周回コースから井の頭公園1周、
再び神田川周回コースを走ることにする。
最初の10kmは調子がいい。
どんよりとした空でも雪がちらちら舞い降りる中を
ひたすら自分の足の音だけを聞きながら
リズムを刻むように進むのは心地いい。
エネルギーもばっちりだし、少し走って身体もあたたまると
よけいに余裕も生まれる。
最初の10kmが終わって井の頭公園へ。
いつもはにぎわっている公園もさすがに
人影がほとんどなく、静かだ。
ただ立ち止まるととたんに寒さが襲ってくるので
雪景色の公園を楽しむ間もなく公園を1周して
同じ道を戻る。

15kmをすぎてもまだ身体はそれほど疲れを感じない。
それでも最初よりは手に寒さを感じはじめる。
飴を口にほうりこむ。

20kmくらいで最初のスタート地点(環八付近)に戻る。
ここから再び神田川を東に環七まで行ってもどって
およそ残り10km。
3分の2が終わったと思うと少し気が楽になる。

疲れは突如くる。
フルマラソンもそうだった。
25kmをすぎたあたり。
あれ、なんか足が重いなぁと
感じ始めるとどんどんくる。
やっぱり今回もそうだった。
環七の折り返し手前あたりできた。
足音もばたばたしてくるし、
腕をふろうが、ピッチを狭めて速くと思っても進まない。
あれほど歩くのはやめようと思っていたのに
歩いてしまったり。
そうそう、フルマラソンのつらさはこうだった・・・、
悪夢がよみがえってくる。
最後は「走る身体があるだけ幸せだ」と自分に言い聞かせて
ようやく到着。
31km弱で3時間10分。
ほんとうなら余力を残しておきたいとこだけど、
(本番はあと12kmくらいあるので)
まったくなし。
燃え尽きてしまった。

帰途の1kmほどは足をひきずる感じで
歩道橋の階段の上り降りはほとんどペンギンのような
よたよた歩き。
e0134219_20463647.jpg

とにかく30kmが終わったという安堵感だけ。

やっぱり持久力と最後の粘り(体力)がまだまだない。
[PR]
by musasabi-sapana | 2011-02-13 20:51 | マラソン
<< 成熟した国 ロマネスコ >>



日々の日記&あれこれ ホームページはhttp://sapana.jp/
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30