むささび通信

集団的自衛権

都議会で女性議員に向けられたセクハラやじ。
どうやら言った本人が特定されたらしいが、
最初は否認するわ、言った人は名乗り出るべきなどと言っておいて、
とうとう自分だとバレたとたんに
「少子化の中で、早く結婚していただければという思いで
誹謗中傷するつもりはなかった」などと言い訳、
「心からおわびする」などと謝罪。
見苦しいにもほどがある。
女性議員に殊勝に頭を下げる写真などが公開されてるけど
心の中では「けっ、てめえのおかげでこんなことになって、ざけんなよ」
と言ってることは明白なわけで。
一応形だけでも一人がつるし上げられて
他の一緒になってヤジをとばしたりわらったオヤジ議員たちは
さぞやほっとしてることだろう。
スケープゴートにされたね、鈴木議員。
自民党としてはここで幕引きしたいよなぁ。
しかし、金目石原大臣といい、
いいかげんこんなやつらを当選させるのをやめてくれと言いたい。

そしてさらに重大な集団的自衛権の問題。
先週の閣議決定は見送られたものの、もちろん予断は許さない状況だ。
ぼーっと何気なくラジオから流れてきたコメンテーターの言葉にぞっとした。
「石油を海外に依存する日本としては
中東情勢がさらに悪化した場合、アメリカに頼らざるを得ない。
アメリカが戦っている間に日本は何もせずに石油を輸入するだけで
あ〜平和でよかったね、平和が一番だねっていうだけですむのか」
詳細は微妙に違うかもしれないけどこんな感じの内容。

え?この前政府は戦争が始まった外国で取り残された
日本人を乗せたアメリカの船を守るとか言ってなかったっけ?
これ自体もナンセンスだけど、なんかいつの間に石油の話になってる。

いや、実はこれはけっこう重要なことの気がする。
「アメリカの若者が血を流している時に
日本の若者が血を流さなくていいのか」よりも
「石油がこなくなったら困る」っていう方が
よほど危機感を煽るんじゃないだろうか。
「原発がなくなったら電気が足りない」
どれだけの人がこの言葉にだまされただろう。

「石油が来なくなったらこまるから集団的自衛権を行使して
アメリカの支援をしなくちゃならない」

なんだかこんなめちゃくちゃな理屈がでてきそうな予感。。。。
[PR]
by musasabi-sapana | 2014-06-23 17:14
<< 困った人たち 猫はケモノです >>



日々の日記&あれこれ ホームページはhttp://sapana.jp/
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30