むささび通信

無関心は罪

沖縄知事選が翁長氏の当選が決まり、
ここ最近ではうれしいニュース。
やはり本土の人間とは切迫感と苦しみが違うのだ。
ただ、ここからが本当の戦いだ。
政府始め、官僚達の猛反撃が始まるのは必至だから。

突然降ってわいた解散のニュース。
一昨年の衆院選、昨年の秘密保護法、そして今年はまたもや衆院選。
一体なんだって3年続けてこんなことになるんだろう。
困ることは年内にすませちゃって
年があけたら昨年の事は水に流し、
さぁ、新しい1年がはじまりますよ
ってな感じでみんな忘れちゃうと思ってんだろうなぁ。

しかし、今回ほどやりきれない気分になる選挙はない。
どう考えたって、投票率が最低に決まってるから。
自分ですら、もう行く気が失せるほどだし。
昨日も知人と話してたら「もう行くのやめようかなぁ」
わかるよ、わかる、そういう人多いはず。
だけどそれは思うつぼ。
投票してくれない方が政府にとっては都合がいいんだもの。

昨日の夕刊を読んでますます暗い気持ちになった。
記者が北京で学生に香港の学生らの街頭選挙について
インタビューしたところ、
「選挙で決めるって面倒くさくないですか?」
テレビ、新聞は政府よりの見方のみ(日本と同じ)
ネットも閲覧制限され、
政府に都合の悪い書き込みは削除され(今のところ日本はまだましか)
情報がほとんど入らない。
そして上記の学生のような若者が少なからず、というか、
香港の学生に同情する声はほとんどなかったという。
就職難で自分のことで手一杯で(日本と同じ)
他者への想像力など考える余裕もないのだろう。

力が抜けそうになったのはこの言葉。
「何も変わらないのに、なんで占拠なんてするんですか?」

あきらめなのか、絶望なのか。。。
こういう若者にはどう言葉を返したらいいのだろう?

「変わらないかもしれないけど、
なにもせずにはいられないことがあるでしょ?」
「無駄とわかってても行動するのが人間じゃない?」
「人生は無駄と失敗の連続だよ」
「無関心なのが一番罪なんだよ」

あぁ、でも何を言ってもたぶんこんな風に言われる。

「それってリスクじゃないですか?」
[PR]
by musasabi-sapana | 2014-11-16 23:36
<< もったいないから 年賀状スタートしました >>



日々の日記&あれこれ ホームページはhttp://sapana.jp/
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31